《反原発西武線沿線連合4・20緊急声明》

新型コロナウイルス蔓延の状況のもと、現在稼働している
原子力発電所の即時緊急停止をあらためて強く求めます

今現在、日本国内で稼働している原発は、関西電力の大飯原発3、4号機、高浜原発4号機、九州電力の玄海原発3、4号機と川内原発2号機の6施設となっています。そもそも、これらの原発再稼働自体が許されざることですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が、原発事故の危険性をさらに高めていることは言うまでもありません。

4月14日には、玄海原発の施設工事に携わっていた方が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、工事関係者らおよそ300人が出勤停止になるという事態も起こっています。その後、柏崎刈羽原発で防災担当の職員が感染したとの報道もされました。
「国際原子力機関(IAEA)」のR. M. グロッシー事務局長が3月末に、「パンデミックなどの危機にともなう事象から、原子力事故や放射線緊急事態が発生する可能性に備えなくてはならない」旨の発言を行っているように、もし、原発事故の復旧作業中に、施設内で新型コロナウイルスの蔓延が起こった場合、どのような事態が起こるでしょうか。
また、新型コロナウイルスの蔓延する中、自然災害などによって甚大な原発事故が起こった場合、住民の避難が混乱を極めることは明らかです。

私たち、反原発西武線沿線連合は、新型コロナウイルスが蔓延する状況のもと、現在稼働している原発の即時緊急停止をあらためて強く求めます。

2020年4月20日
反原発西武線沿線連合

☆画像のダウンロード
上の画像 →こちら
下の画像 →こちら
イラストのみの画像 →こちら

2020年1月5日(日)、快晴の空の下、「第8回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」を無事に終了することができました。
参加者はのべ約220名(+わんちゃん1匹)。
悪天候だった第5回から参加者数が確実にふえています。
ご参加くださったみなさま、おつかれさまでした!

参加してくださった方からは、
「みんなの力で原発なくそう!」のコールがとりわけ心にしみた。西武線沿線の各地でアクションをつづけている人たちの姿に励まされた、といった声も。

また、沿道から手を振ってくださる方も多く、にぎやかなコールの声に心あたたまるデモとなりました。
沿道やネット上などから応援してくださった方々にも、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも原発ゼロの社会をめざして、ひとりひとりのアクションをつづけていきましょう!
子どもたちが安心して笑顔で暮らせる明るい未来のために。

 

 

 

 

 

 

 

2020年は原発ゼロの社会へGO! GO! GO!

来年もやります!
原発がなくなるまで、声を上げつづけます!

「第8回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」のお知らせです。

◎とき:2020年1月5日(日)14:00集合、14:30スタート
◎集合場所:都立戸山公園(大久保地区・芝生広場)

みんなでいっしょに「原発いらない!」の声を上げて、新年の高田馬場を歩きましょう!

ちらしができました。
印刷してお近くの方へお配りください。

◎モノクロちらし(仕上がりA5/A4に2面付/pdfファイル)のダウンロード→ こちら

◎カラーちらし(仕上がりA5/A4に2面付/pdfファイル)のダウンロード→ こちら

◎カラーポスター(用紙選択の際にお好きなサイズを選んで印刷してください/pdfファイル)のダウンロード→ こちら

2019年1月6日(日)、のべ約200名の方にご参加いただき、「第7回高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」を無事に終えることができました。
この季節らしい寒空の下でのデモとなりましたが、ご参加くださったみなさま、そして沿道やネット上などで応援してくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!

集合場所の戸山公園を出発し、高田馬場駅前を通って早稲田通りへ。
沿道から「がんばってね」の声をいただいたり、沿道を歩いていた若い男の子たちが飛び入り参加していっしょにコール、そして「原発いらないっす」と一礼して去っていく場面もありました。
ゴール間近の馬場下交差点は、初詣客でにぎわう穴八幡宮のすぐそば。たくさんの方々にわたしたちの「原発いらない」のアピールを届けることができ、「原発のない未来」へみんなの心がひとつになりました。

しかし、残念ながら、安倍政権と電力会社は原発の再稼働にしがみついています。
それでも、わたしたちはめげません。
わたしたちは心ひとつに、これからも「原発いらない!」の声をあげつづけていきます。

 

 


 

 

来年もやります!
原発がなくなるまで、声を上げつづけます!

「第7回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」のお知らせです。

◎とき:2019年1月6日(日)14:00集合、14:30スタート
◎集合場所:都立戸山公園(大久保地区・芝生広場)

新宿区の公園使用規制により、例年集合場所として使用していた公園が使えなくなりました。
今回のデモの集合場所は、高田馬場駅から徒歩約10分の都立戸山公園です。
戸山公園の地図など → こちら
※2つの地区にわかれた公園ですが、集合場所は「大久保地区・芝生広場」です。

新しい年に新しい気持ちで、みなさんといっしょに「原発いらない!」の声をあげたいと思います。
どうぞご参加ください!

ちらしができました。
刷してお近くの方へお配りください。

◎モノクロちらし(仕上がりA5/A4に2面付/pdfファイル)のダウンロード → こちら
◎カラーポスター(用紙選択の際にお好きなサイズを選んでして印刷してください/pdfファイル)のダウンロード → こちら

2018年6月、東京都新宿区は4か所ある区立公園の使用を8月1日から規制するという報道がありました。
わたしたち反西連は2013年のお正月から毎年、新宿区立西戸山公園を出発地として「原発いらない・原発なくそう」のデモをおこなっています。
西武線沿線からだけでなく、さまざまな地域から大多数の人が参加し、市民の声としてアピールを続けています。

この突然の新宿区による公園使用規制に対して、7月18日(水)に新宿区長と公園の使用を管轄する区役所のみどり公園課に下記の通りの要望書を提出、申し入れをしてきました。
その際に、区長室秘書課長には口頭で、「区長は、デモ制限に反対しているのは新宿区区外だと主張しているようだが、わたしたちは区民や区内の駅利用者です。デモの事前にあいさつまわりもして住民との関係は良好です」「ほかの公園制限もおかしいが、とくにわたしたちしか使っていない、苦情もない西戸山公園を制限するのはおかしい」と申し入れました。
また、みどり公園課では「苦情があるのか」と質問したところ、「苦情は受けていない」と確認しました。

わたしたちの提出した要望書は以下の通りです。

*****

新宿区長・吉住健一様

【要望書】
新宿区立公園をひきつづきデモでも使用できるようにしてください

私たちは、2011 年の福島第一原発の事故をきっかけに、あの原発でつくられた電気を使っていた当 事者として、原発のない未来をつくろうと声をあげているグループです。2013 年から毎年正月に「新 宿区立西戸山公園」をデモの集合場所としてお借りして、「高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」を おこなってきました。今年 2018 年1月で6回を数えています。

新宿区は 6 月に突然、8 月1日から4カ所の区立公園の使用を規制すると報道されました。デモでの 公園使用は本来の使用ではない、近隣からの苦情がある、といったことが理由と聞いています。デモ出 発に公園を貸さないことになれば、実質デモはできないことになります。私たちはこれに驚き、大変シ ョックを受けています。

反原発西武線沿線連合は、その名の通り、西武線沿線の地域で原発をなくするために活動する数多 くの団体やグループ、個人のゆるやかな集合体です。原発事故から7年以上過ぎたいまも沿線各地で デモや宣伝行動を続けています。正月恒例の高田馬場デモは、線路がずっと続いていくように、高田馬 場を起点に秩父までを結ぶ私たちの脱原発行動のひとつの象徴的な行動です。多い年には 600 人が参 加し、沿道の反応も大変よく、また終結地に近い穴八幡神社の参拝客からも声援を受けます。多くの市 民が、たとえデモに参加しなくても思いを同じくしていることを確認してきました。正月に「今年こそ 原発なくそう」の決意をかためる大事なイベントです。

また、私たちは、デモの周辺の住宅、商店、通行人のみなさんにきちんと趣旨を伝えることが大事だ と考え、デモの数日前に、西戸山公園周辺から終結地点の戸山公園まで約 600 軒にチラシを配布しな がらご挨拶をしてきました。年々、「またやるんですね」「がんばって」と声をかけていただくことも増 えました。さらに、デモ中も予備校の前ではマイクを切り、入試を前にした受験生たちに配慮するなど もしてきました。デモは憲法で保障された言論、集会、表現の自由の行使ですが、同時に、デモに参加 しない方たちへの配慮と理解を得る態度を貫くことも大事なことと考えてきました。

西戸山公園をデモで使用しているのは、ここ数年、私たち反原発西武線沿線連合のみと聞いていま す。その公園使用を禁止するというのは、私たちのデモへの直接の規制だと考えざるを得ず、看過する ことはできません。このような規制は新宿区民だけではない、たくさんの人々の大切な権利を侵害す ることになることを、新宿区としてしっかりと自省していただきたいと思います。

もとよりデモはどこかから苦情があったら使用させないといった性質のものではありませんが、周 辺住民や通行人との関係も良好で、私たちにとっては代替場所のない西戸山公園を、使用規制しない でください。

どうか、公園をひきつづきデモの出発地点として使用できるようにしてください。

2018 年7月 18 日 反原発西武線沿線連合

2018年1月7日(日)、「第6回高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」をおこないました。

美しい青空、おだやかな陽気に恵まれたまさに「デモ日和」。
参加者は、出発からコースを歩くうちにどんどんふえて、総勢約180名。
わたしたちひとりひとりの「原発いらない!」の声を早稲田通りに高々と響かせました。

これまでと同じ西戸山公園から高田馬場駅前、早稲田通りを早稲田大学へ、そして初詣客でにぎわう穴八幡宮方面へと歩くコースで、沿道からもたくさんの応援をいただきました。
対向車からファミリーが手を振ってくれたり、交差点でデモの通過を待つ女性の団体が声をかけてくれたり、リズムにのって「原発いらない!」といっしょにコールしてくれたり……。
さらには、デモ隊といっしょに歩道をずっと歩いてくださった外国人の親子連れ、そしてご年配の女性は最後には車道におりて、いっしょに歩いてくれました。

「原発いらない」の訴えを強くアピールできたとともに、たくさんの方々と脱原発の心でつながることができ、わたしたちもこれまで以上に脱原発の活動をがんばっていこうと決意を新たにしました。
参加くださったみなさん、沿道やネット上などから応援してくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました!

 

「原発いらない!」プラカードを作りました。
2018年1月7日(日)開催の「高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」のほか、さまざまなアクションで使ってもらえたらうれしいです☆

ダウンロードはこちらから。
(すべてPDFファイル。お好きなサイズでプリントしてください)
・ふたりで脱原発! → こちら
・足あと → こちら
・らっぱ → こちら

わたしたちはあきらめません。
しぶとく来年もつづけます。
日本から、世界から原発がなくなるように声をあげます。

来年のお正月デモのお知らせです。

◎とき:2018年1月7日(日)14:00集合、14:30スタート
◎集合場所:西戸山公園(高田馬場駅から徒歩7分)
※前回までと同じ公園です。また、戸山公園ではありませんのでご注意ください。

☆ちらしとポスターを作成しました。
ダウンロードしてぜひご活用ください。
・ちらし(モノクロ/仕上がりA5/A4に2面付/PDFファイル) ダウンロード→ こちら
・ポスター(カラー/A4サイズで作成していますが、ご自由なサイズに拡大して印刷してください/PDFファイル) ダウンロード→ こちら

 

福島第一原発事故から6年。
住宅支援打ち切りで自主避難の人たちのくらしは今後どうなる?
明日を心配する避難者たち、ひとりひとりの声を聞き、わたしたちにできることを考えたい。
……そのような思いから避難者問題を考える学習会を企画しました。

 

 

 

◎学習会
「帰りたい でも帰れない 福島原発事故避難者たちの いまとこれから」
◎講師:青龍美和子さん(弁護士)
「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発事故被害弁護団に参加し活動を行っている若手弁護士です。
◎とき:2017年6月11日(日)16:00~(17:30終了予定)
◎ところ:東村山市中央公民館(西武新宿線東村山駅東口徒歩2分)
地図など→ こちら
※資料代100円

ぜひみなさま、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、ご参加ください。

 

☆ちらしのダウンロードはこちらから
カラー(A4判に2面付)→ こちら
モノクロ(A4判に2面付)→ こちら

他のキーワードで検索 »