2022年1月9日(日)に予定しておりました「第10回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」の開催について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、スタッフ一同で慎重に議論をおこなった結果、中止の判断をさせていただくことになりました。
原発推進の動きも見られる中で、昨年に引き続き2年連続の中止となり、とてもくやしく残念でなりません。また、「『脱原発』の思いを胸に高田馬場のまちをともに歩こう」と、デモ参加のご予定を立ててくださっていたみなさまには、大変申し訳なく思っております。

 

それでも、わたしたちはあきらめません!
「原発いらない」を訴えつづけます!
未来に生きる子どもたちが笑顔でおだやかに暮らせる社会を実現するために──。

 

高田馬場でのリアルデモは中止しますが、「ニューイヤー脱原発ツイッターデモ」を行います!

 とき:2022年1月9日(日)20:00〜22:00

#ニューイヤー脱原発デモ
#地球の声を聴け
#原発のない脱炭素社会の実現を
#脱原発
#反西連
のハッシュタグをつけて(全部つけなくてもOK。適宜選んでくださいね) 、「原発いらない」の思いをツイートしてください。みんなのツイートで、タイムラインで「脱原発」のデモ隊列を組みましょう!

ふきだし画像もつくりました。空のふきだしには、ご自身の思いを書きこんでお使いください。

◉ツイッター用画像のダウンロードはこちらから(すべてjpg)

青いツイッターデモ告知画像→ こちら
黄色いふきだし「原発いらない!」文字入り画像→ こちら
黄色いふきだし「地球の声を聴け〜」文字入り画像→ こちら
黄色いからっぽふきだし画像→ こちら

 

そして、みなさんにご提案です。

それぞれが徒歩や自転車で行ける暮らしのそばで、「脱原発」のアピールをおこなってください。
サイレントスタンディングでも駅頭宣伝でも、なんでもOK。
そのようすを写真に撮って、ツイッターで投稿してください。(「#反西連」のハッシュタグをつけてくださいね)
もちろん、写真なしで言葉だけのツイートでも。みんなの写真や言葉でタイムラインをうめつくしましょう!

スタンディングや街頭宣伝で使える画像はこちら。すべてA3で作っていますが、お好きなサイズの用紙にプリントしてお使いください。

◉A3画像のダウンロードはこちらから(すべてPDF)
青いツイッターデモ告知画像 →こちら
黄色の文字入り画像 →こちら
黄色の空っぽふきだし画像→ こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!

2021年は、「新型コロナ」が蔓延した年であると同時に、「気候変動」による自然災害が世界中で頻発した年でもありました。
来年は、脱原発と脱炭素が両立する社会を作りあげる年にしなければならないと思います。

わたしたちは声をあげつづけます!
第10回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」のお知らせです。

◎とき:2020年1月9日(日)14:00集合、14:30スタート
◎集合場所:都立戸山公園(大久保地区・芝生広場)
みんなでいっしょに「原発いらない!」「地球の声を聴け!」の声をあげて、新年の高田馬場を歩きましょう!

ちらし(PDF)のダウンロードはこちらから→  こちら
バナー (PDF)のダウンロードはこちら→ こちら
バナー (jpg)のダウンロードはこちら→ こちら

告知動画も見てくださいね >>青文字をクリック☆>>220109馬場デモ告知動画_完成版

【ご参加くださるみなさまへのお願い】

○マスク着用でのご参加をお願いいたします。
○密集・密接を避け、人との距離を十分にとってください。
○体調のすぐれない方は参加をご遠慮ください。
○新型コロナウイルス感染拡大の状況によって、開催方法の変更やリアルデモの中止などを決定する場合があります。(リアルデモ中止の場合は、ツイッターデモを行います)
以上、ご理解とご協力をお願いいたします。

*開催方法の変更や中止を決定した場合、当HP、ツイッター(@SCANjp)にてお知らせいたします。

 

2021年10月31日(日)は、第49回衆議院議員総選挙。
10月4日に成立した岸田文雄政権は、原子力発電推進の方針を明確にしています。原発の再稼働や新増設、核燃料サイクルの推進にも積極的な政権といえるでしょう。
今回の衆議院選挙は、岸田新政権による原発への前のめりの姿勢を、どう判断するかが問われる選挙となっています。
わたしたちひとりひとりの大切な1票が、「原発いらない」「原発再稼働反対」のわたしたちの思いの実現につながります。
そこで、わたしたち反西連では「選挙に行こう」を呼びかける「脱原発推し☆総選挙ツイッターデモ!」を企画しました。

脱原発推し☆総選挙ツイッターデモ!

10月24日(日)19:00〜

#脱原発推し総選挙ツイッターデモ
#総選挙
#選挙に行こう
#脱原発推し
#反西連
のハッシュタグをつけたツイートでツイッターのタイムラインを埋めつくしましょう!
リツイートだけでも、もちろんOK。

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!
タイムラインで「選挙に行こう」デモの隊列を組もう!

 ツイートにはこちらのバナーもお使いください☆

空のふきだしのものは、中に好きなことばを入れて使ってくださいね。

 

駅頭宣伝などで「期日前投票」を呼びかけるのもいいですね!
ぜひこちらの画像をお使いください。

★右向き矢印バージョン PDFダウンロード→  こちら

★左向き矢印バージョン PDFダウンロード→  こちら

 

2011年3月の福島第一原子力発電所の大事故から10年。
わたしたちの「原発いらない」の思いをさらに大きなうねりに。

反西連ではツイッターデモをおこないます!

事故から10年 脱原発☆ツイッターデモ

◉とき:2021年3月14日(日)19:00〜22:00

#事故から10年脱原発ツイッターデモ
#脱原発
#反西連
などのハッシュタグをつけて、「脱原発」の思いをみんなでいっしょにツイートしましょう!

反西連公式ツイッターアカウント(@SCANjp)でも精一杯の声をあげます。
リツイートだけでももちろんOKです。
みなさんのツイッターのタイムラインを「原発いらない」の声でうめつくしましょう!

ツイートには、こちらのバナーもお使いください☆

空のふきだしのものは、中に好きなことばを入れて使ってくださいね。

折しも、2021年2月15日に発生した福島県沖を震源とする地震の影響による損傷で、福島原発第1号機、3号機では、格納容器の水位低下が起こり、注水量の増加を余儀なくされています。
また事故後10年を経た現在も、1号機、2号機の核燃料デブリの取り出しについては、具体的な予定が立たないままの状態にあります。

反西連では、福島原発事故発生から10年の2021年、以下の通り、福島第一原発事故被害の回復と脱原発を求める決議をまとめました。

—————————————

福島第一原発事故から 10 年にあたり、同事故の被害の回復と脱原発を求める決議

2011 年 3 月 11 日の東日本大震災を機に「東京電力福島第一原子力発電所」は爆発を伴う大事故を起こしました。原発の事故により、福島の美しい自然は放射能に汚染され、地域の産業は壊滅し、広大な地域の人々が避難を余儀なくされました。そして、人々とのつながり、文化、何世代にもわたって築いてきた暮らしのあらゆることが根こそぎ失われる事態となりました。関連死の多さや、現在も数万人の人々が避難生活を余儀なくされていることは決して忘れてはならない事実です。

しかし、事故から 10 年が経過した今、日本の社会において、原発事故の「記憶の風化」が進んでいることも事実です。

私たちは、福島原発事故の「記憶」を再び呼び覚まし、その人災の「記憶」を刻み続けていかなければなりません。

私たちは、立地地域に原発を押し付けてきた「責任」を思い起こすとともに、原発事故を起こし、人びとに甚大な被害をもたらした国と東京電力の「責任」を追及し続けていかなければなりません。

私たちは原発事故を二度と起こさないためにも、原発に依存しない「未来」を構想し続けなければなりません。

 

私たち反原発西武線沿線連合は、

1.国と東京電力が加害責任を認め真摯に謝罪すること
2.福島原発事故前の原状の回復と環境汚染対策をすること
3.加害責任を踏まえた賠償指針の見直しにより、損害を完全賠償すること
4.被ばくリスクに十分配慮し、回避・低減・快復のための医療・健康管理について、元住民・原発労働者などを漏れなく対象としたアクセスしやすい対策を講ずべきこと
5.国は福島原発事故によってそれまでの生業と生活を破壊された地域と住民が、希望を持って生活を再建できるように、避難者への支援も含めた万全の措置を講ずること
6.できる限り早急に、原発への依存をやめ、原発を廃炉とすること

以上を決議します。

2021 年 2 月 1 日

反原発西武線沿線連合

—————————————

この決議文は、次の4団体による連帯行動の呼びかけに応じ決議をおこない、同団体宛に送付いたしました。
・福島原発事故救済九州訴訟 原告団・弁護団
・原発止めよう!九電本店前ひろば
・原発なくそう!九州玄海訴訟 原告団・弁護団
・原発なくそう!九州川内訴訟 原告団・弁護団

決議文のPDFダウンロードは→ こちら

あけましておめでとうございます。
2021年、みなさまが心穏やかで明るい日々を過ごされることを心より願っております。

そう——
安心してすこやかに、明るい気持ちで明日を迎えることができる暮らしこそ、わたしたちの希望。
ほんとにもう、原発はいりません!

反西連では、毎年お正月に「高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ! 」をおこなってまいりましたが、
今年(2021年)は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の社会情勢を鑑み、
リアルデモの開催は延期、下記の通りツイッターでのデモをおこなうことにしました!

#ニューイヤー脱原発ツイッターデモ

◉とき:2021年1月10日(日)19:00〜22:00

#ニューイヤー脱原発デモ
#脱原発
#反西連
などのハッシュタグをつけて、「原発いらない」の思いをみんなでいっしょにツイートしましょう!

反西連公式ツイッターアカウント(@SCANjp)でも精一杯の声をあげます。
お忙しい方はリツイートだけでもOK。よろしくお願いします!

ツイートするときは、こちらのバナーもぜひお使いください☆ 

☆高解像度PDFは→ こちら

 ☆高解像度PDFは→ こちら

☆高解像度PDFは→ こちら

空のふきだしのものは、プリントして好きなことばを書き入れ、写真に撮るなどして使ってください。

みんなの思いで、ツイッターのタイムラインをうめつくそう!
タイムラインで「脱原発デモ」の隊列を組もう!

––––––––––––––––––––

ツイッターデモ呼びかけ画像の高解像度PDFは→ こちら
プリントして配布や掲示などにお使いください。

みなさまに大切なお知らせです。

反西連では、2013年1月から「高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」を毎年おこなってきました。
新年にあげるわたしたちの「原発いらない」の声が、「原発のない未来」につながっていると確信しています。
ご参加・応援してくださるみなさんと心をひとつに「原発いらない」の声をあげることで、わたしたちも毎年連帯の力の大きさと強さを感じてきました。
ほんとうにありがとうございます。

来年2021年1月の「第9回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」の開催について、数次の会議を重ねてまいりましたが、
「新型コロナウイルス(COVID-19)」の急速な感染拡大という社会情勢を鑑み、「デモは延期する」(日程未定) との結論に至りました。

来年は東日本大震災、福島第一原発事故から10年の節目の年にあたります。
声をあげて町を歩く「リアルデモ」をお正月におこなうことはできなくても、何らかの形で「脱原発の思い」をアピールしたい。

わたしたちは「脱原発ツイッター・デモ」をおこなおうと計画しています。
反西連らしいものとなるよう、現在鋭意検討中です。
時間やハッシュタグなど詳細が決まりましたら、このブログやツイッター(@SCANjp)でお知らせいたします。
ツイートする気まんまんでお待ちくださいね☆

 

 

《反原発西武線沿線連合4・20緊急声明》

新型コロナウイルス蔓延の状況のもと、現在稼働している
原子力発電所の即時緊急停止をあらためて強く求めます

今現在、日本国内で稼働している原発は、関西電力の大飯原発3、4号機、高浜原発4号機、九州電力の玄海原発3、4号機と川内原発2号機の6施設となっています。そもそも、これらの原発再稼働自体が許されざることですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が、原発事故の危険性をさらに高めていることは言うまでもありません。

4月14日には、玄海原発の施設工事に携わっていた方が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、工事関係者らおよそ300人が出勤停止になるという事態も起こっています。その後、柏崎刈羽原発で防災担当の職員が感染したとの報道もされました。
「国際原子力機関(IAEA)」のR. M. グロッシー事務局長が3月末に、「パンデミックなどの危機にともなう事象から、原子力事故や放射線緊急事態が発生する可能性に備えなくてはならない」旨の発言を行っているように、もし、原発事故の復旧作業中に、施設内で新型コロナウイルスの蔓延が起こった場合、どのような事態が起こるでしょうか。
また、新型コロナウイルスの蔓延する中、自然災害などによって甚大な原発事故が起こった場合、住民の避難が混乱を極めることは明らかです。

私たち、反原発西武線沿線連合は、新型コロナウイルスが蔓延する状況のもと、現在稼働している原発の即時緊急停止をあらためて強く求めます。

2020年4月20日
反原発西武線沿線連合

☆画像のダウンロード
上の画像 →こちら
下の画像 →こちら
イラストのみの画像 →こちら

2020年1月5日(日)、快晴の空の下、「第8回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」を無事に終了することができました。
参加者はのべ約220名(+わんちゃん1匹)。
悪天候だった第5回から参加者数が確実にふえています。
ご参加くださったみなさま、おつかれさまでした!

参加してくださった方からは、
「みんなの力で原発なくそう!」のコールがとりわけ心にしみた。西武線沿線の各地でアクションをつづけている人たちの姿に励まされた、といった声も。

また、沿道から手を振ってくださる方も多く、にぎやかなコールの声に心あたたまるデモとなりました。
沿道やネット上などから応援してくださった方々にも、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも原発ゼロの社会をめざして、ひとりひとりのアクションをつづけていきましょう!
子どもたちが安心して笑顔で暮らせる明るい未来のために。

 

 

 

 

 

 

 

2020年は原発ゼロの社会へGO! GO! GO!

来年もやります!
原発がなくなるまで、声を上げつづけます!

「第8回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」のお知らせです。

◎とき:2020年1月5日(日)14:00集合、14:30スタート
◎集合場所:都立戸山公園(大久保地区・芝生広場)

みんなでいっしょに「原発いらない!」の声を上げて、新年の高田馬場を歩きましょう!

ちらしができました。
印刷してお近くの方へお配りください。

◎モノクロちらし(仕上がりA5/A4に2面付/pdfファイル)のダウンロード→ こちら

◎カラーちらし(仕上がりA5/A4に2面付/pdfファイル)のダウンロード→ こちら

◎カラーポスター(用紙選択の際にお好きなサイズを選んで印刷してください/pdfファイル)のダウンロード→ こちら

他のキーワードで検索 »